2022/02/28 (更新日:2022/02/02)

背中が痛くなる内臓の病気とは

治療

こんにちは。たいち鍼灸整骨院のたいちです。

  • ・背中の痛みや違和感が解消された
  • ・腰痛からくる背中の痛みが改善
  • ・延べ数百人の背中の痛みを解消
  • ・背中だけでなく腰もよくなると評判
  • ・5年も苦しんだ背中の痛みを改善

当院では、背中の痛みを改善した実績があり、自信があります。

「内臓の病気の影響で、背中が痛くなると聞きました。どのような病気があるのか、教えてほしいです。」

背中側にある臓器は、病気の影響で背中の痛みが生じることもあります。様々な臓器が背中側にあるので、損傷を受けると背中の痛みが起きる病気があります。

3項目に分け「心臓・血管系、消化器系、腎・泌尿器系の病気について」と当院での取り組みについても含め、お話していきます。

心臓・血管系の病気について

心臓や血管自体は、神経が無いので痛みが生じません。心臓や血管内で異変が起きると痛みが放散されます。背中だけでなく、首や肩、あごにも痛みが起こりやすいです。

次のような心臓・血管系の疾患が挙げられます。

  • ・狭心症:心臓に供給される酸素が一時的に不足する
  • ・腹部、胸部大動脈解離:何らかの原因で血管がさける
  • ・心筋梗塞:冠動脈が閉塞することで、心臓が酸素不足になる

これらの疾患で背中の痛みが伴う場合は、緊急を要することが多くみられます。次のような症状もみられるときは、医療機関へ連絡し指示を仰ぎましょう。救急車の要請が必要な場合があります。

・意識障害

・顔色不良

・息苦しさ

・激しい痛み

・首から肩、背中の痛み

消化器系の病気について

消化器系の臓器は腹部側に多くありますが、背中側にもあります。疾患の影響で背中に痛みを伴いやすいです。

次のような消化器系の疾患が挙げられます。

  • ・膵臓癌:がんが進行すると背中の痛みが増強する
  • ・胆石症:発作が起きると、肩や背中に激痛が起きる
  • ・十二指腸潰瘍:空腹時のみぞおちや背中の痛みが特徴的
  • ・急性膵炎:みぞおちや背中の痛み、早期の治療が生命の危機を脱出する

膵臓癌の背中の強い痛みには、麻薬を使用して緩和することが多いです。膵臓癌以外の疾患は、緊急性を伴うことがあるので、医療機関へ連絡しましょう。

腎・泌尿器系の病気について

背中だけでなく腰の周辺に、腎臓や泌尿器系の臓器はあります。疾患で損傷を受けると、背中から腰にかけて痛みを伴うことがあります。

次のような腎・泌尿器家系の疾患が挙げられます。

・膀胱がん:血尿や背中の痛みを伴う

・膀胱炎:細菌の侵入で、血尿や残尿感がある

・腎盂腎炎:細菌感染で発熱や排尿時痛、頻尿などを伴う

・腎結石・尿路結石:腎臓や尿路に石ができる、激しい痛みを伴う

急に激しい痛みを伴うのは「腎結石・尿路結石」です。突然の激しい痛みにパニック状態になる方もみられます。早急に医療機関に受診することをおすすめします。

背中の痛みを施術で改善します

当院では、身体のゆがみで背中が痛い方を改善している実績があります。

次のような方が多く来院されています。

  • ・猫背
  • ・長時間の同じ姿勢
  • ・肩から背中の張りや痛み

猫背がありデスクワーク作業をしている方の、背中の痛みが改善されました。

施術で背中のゆがみが矯正されると、背中の痛みが改善されます。

当院の施術を体感していただきたいです。ご来院お待ちしております。

関連記事

新着記事

おすすめ記事

TOP> > 背中が痛くなる内臓の病気とは

ページトップへ戻る

メールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはコチラ 045-374-5924