2021/11/19 (更新日:2021/11/19)

肩こりと頭痛はスマホが原因?(ストレートネックが急増化)

治療, 肩こり

たいち鍼灸整骨院のたいちです。

近年では、スマートフォンの普及で10~20代の肩こりと頭痛で悩む方が増えています。

肩こりからの血行不良により頭痛が生じていると考えていました。しかし、原因はストレートネックであることが分かりました。

肩こりとスマホの関係を
ストレートネックの話を交えて解説します。

ストレートネックとは

通常の場合、7個ある頸椎は湾曲が30度以下のゆるやかなカーブがあります。しかし、首が真っすぐな状態を「ストレートネック」といいます。

ストレートネックは状態であり、病名ではありません。スマートフォンを使用するときの姿勢により発症することが多いため「スマホネック」「スマホ首」と呼ばれることもあります。

次のような症状が出現しやすいです。

  • ・頭痛
    ・不眠
    ・肩こり
    ・首こり
    ・吐き気
    ・めまい
    ・イライラ
    ・目の疲れ
    ・抑うつ状態
    ・集中力の低下
    ・手や腕のしびれ
    ・肩、首、背中の張り

このような症状がある場合は、早期の対処をしましょう。

ストレートネックの原因

日々の生活習慣の姿勢がストレートネックを引き起こしやすくなります。次のようなことが、原因として挙げられます。

・長時間の同一体位
・長時間、不良姿勢でのスマホ操作
・デスクワークの作業時、下を向いている

人間の頭の重さは、約5~7キロあります。それを支えているのが、首と肩周辺です。

デスクワークによるパソコンやスマホの操作時に、頭部を下にすると、首や肩周辺にも負担がかかります。

首周辺の血行不良から筋肉が硬くなり、徐々に首の骨へと支障が出ます。首周辺の血行不良から、肩こりや首のこり、頭痛、吐き気などの原因にもなります。

このような生活習慣が継続すると、ストレートネックを引き起こしやすくなります。

症状を改善するために

ストレートネックを改善するために、日頃から次のことに気をつけましょう。

  • ・ストレスをためない
    ・ぬるま湯に入浴をする
    ・作業の合間に深呼吸をする
    ・首や肩周辺のストレッチを習慣化する
    ・スマートフォンを見るときは、頭を下げない
    ・立位も座位も背筋を伸ばし、不良姿勢をさける
    ・長時間のデスクワークは、合間に座りながらストレッチをする

ストレスをためると、首や肩の周辺の血流が悪化するので、気をつけましょう。

深呼吸をすると、気持ちが落ち着きリラックスできるので、行ってみましょう。

  • 当院では、ストレートネックで悩んでいる患者様を改善しているので、困ったときは来院してください。

ストレートネックに対し、施術を行っています。
患者様の状態に合わせた施術を行い、改善へと導いています。

頭痛に苦しんでいた高校生の症状が改善し、喜ばれました。

当院では、ストレートネックの実績があるので、施術を体感ください。

関連記事

関連記事はありませんでした

新着記事

おすすめ記事

TOP> > たいち鍼灸整骨院 ブログ

ページトップへ戻る

メールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはコチラ 045-374-5924