ゴルフ肘

 

 

最近、ゴルフをしていて以前と比べて飛距離が伸びない、スイングの回転で腰が悪くなってしまった。手打ちになって肘を痛めてしまったなどの症状が出ていませんか?

 

そこが原因ではなく、体のバランスが崩れることで、腰や肘に負担をかけてしまったことが、本当の原因だと思われます。当院で一緒に問題を解決し、体の痛みなく快適な状態でゴルフを楽しめるよう応援していきたいと思います。

 

 このような方へ

・以前と比べ飛距離が伸びない。
・手打ちになってしまっている。
・プレー中に足がつってしまう。
・スイングの時に腰の痛みが出る。
・下半身が安定しなくボールの方向が定まらない。
・ゴルフの後にどっと疲れてしまう。

 

ゴルフ肘とは?

ゴルフ肘とは、ゴルフプレーヤーに多く見られることから、このように呼ばれていますが、ゴルフ以外でも色々な原因で起こります。似たような症状にテニス肘があります。

 

ゴルフで痛みが出るのは、肘の内側が多く、上腕骨内上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)。テニス肘の場合は、肘の外側、上腕骨外上顆炎(じょうわんそくがいそくじょうかえん)が多く、どちらも炎症で痛める場所が内側か外側かの違いです。

 

どういったゴルフスイングをするか、どういうクセがあるかで、その方が将来痛める可能性がある場所もなんとなく分かったりします。

 

ゴルフ肘に対する対処法

極所の電気治療、痛み止め、湿布、肘部分のマッサージ

 

ゴルフ肘に対する当院での施術

肘の痛みが必ずしも直接の原因ではなく、姿勢の悪さが原因の場合もあります。首、肩、腰、骨盤といった所も診ていきます。

体が前かがみになっている方の場合ですとお腹の緊張や股関節の筋肉を緩めます。こういう方は骨盤の位置が下がっていため、後ろ側の筋肉を緩め、肩甲骨を調節し、最後に極所の電気治療をします。

 

ゴルフを心から楽しめる体に!

正しい状態でスイングすれば、体の痛みもなく快適にゴルフをすることができ、障害を避けることも可能です。

また正しい体の使い方で正しい筋肉を使うと体力が向上し、飛距離を伸ばすことや正確性さが増し安定的なスコアの向上にもつながります。当院であなたの体のサポートをさせてください!