ゴルフ肘

 

  • 当院では、ゴルフ肘で悩んでいる方がよく来院されます。以前と比べ飛距離が伸びないと悩んでいた方が、伸びたり怪我を早く回復できています。

ゴルフ肘の症状は、ゴルフ以外の場面でも起きます。正しいフォームでスイングをすると、ゴルフ肘の予防にもなります。

ゴルフ肘とは、肘と前腕をつないでいる筋肉の腱に炎症が起こり、痛みなどが生じます。
「握る・前腕を回転・手首を屈曲させる」動きを繰り返し行うと起こりやすいです。

ゴルフ以外で、次のような場合も発症します。

・野球
・テニス
・建設工事
・配管工事
・大工仕事
・ボーリング

痛みがあると、日常生活や社会生活にも影響が出やすいです。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

ゴルフ肘の原因

手指や手首の筋肉の使い過ぎが、主な原因といえます。

スポーツの場合は、ウォーミングアップ不足や正しくないフォームなども発症の原因となります。

正しくないフォームは、筋肉や腱への負担が大きいです。ゴルフ肘の改善後は、フォームの見直しもする必要があります。

手指や手首の筋肉を繰り返し使用し、負荷によるストレスが原因と言えるでしょう。

症状を改善するために

肘の痛みが直接の原因ではなく、姿勢の悪さが原因の場合もあります。

痛みの原因の可能性がある「首・肩・腰・骨盤」なども診ていきます。

体が前かがみになっている方は、お腹の緊張や股関節の筋肉を緩めます。
骨盤の位置が下がっているため、後ろ側の筋肉を緩め、肩甲骨を調節します。

最後は、極所の電気治療を行います。

快適な生活を送るために

当院では、ゴルフ肘で悩んでいる患者様を改善しています。

このような方の来院もお待ちしております。

・プレー中に足がつる
・手打ちになってしまう
・ゴルフの後に疲労感が強い
・以前と比べ飛距離が伸びない
・スイングの時に腰の痛みが出る
・下半身が安定しないので、ボールの方向が定まらない

正しい状態でスイングすれば、体の痛みもなく快適にゴルフをすることが可能です。

また、正しい体の使い方で正しい筋肉を使うと、次のことに繋がります。

①体力の向上
②飛距離が伸びる
③正確性さが増し、安定的なスコアの向上

当院であなたの体のサポートをさせてください!
ゴルフ肘でお困りの時は、当院へご相談ください。

ページトップへ戻る

メールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはコチラ 045-374-5924