肩こり治療

 

肩こりに悩まされている現代人は少なくありません。肩こりというのは、後頭部から肩にかけての筋肉の緊張によって引き起こされます。肩や首などが張る、頭や肩が重く感じる、頭痛がするといった症状が多く見られます。また、肩こりをそのまま放置した場合、めまいや吐き気などの症状が現れることもあります。

 

 

肩こりが起きる原因

肩こりが起きる主な原因のひとつとして、姿勢の悪さや筋肉が緊張し続ける環境にあることが挙げられます。具体的には、長時間同じ姿勢で机についている、長時間冷房のきいた部屋にいる、バッグをいつも同じ方の肩にかける、といったことです。また、長期間に及ぶストレスを受けていることや歯の噛み合わせが悪いこと、度の合わない眼鏡などで視力を矯正していることも肩こりの原因となります。

 

 

当院の改善指導

こうした症状は、どのようにして改善したら良いのでしょうか。猫背などの姿勢の悪さが原因であれば、姿勢を正すことから始めましょう。腕を背中側に回して前後左右に動かし、肩甲骨が浮かび上がるように周囲の筋肉を動かしましょう。

 

こうした軽い体操で、背筋を伸ばすことができます。また、肩が緊張する原因に、肩周りの血行の悪さも挙げられます。肩周りの血の巡りを良くするためには、マッサージや体操が欠かせません。

 

その際は、肩を温かいタオルなどで温めてから肩を動かすようにすると、筋肉がほぐれてマッサージの効果が出やすくなります。首を右や左にゆっくりと回すことも血行促進に効果があります。

 

当院の治療では、肩こりはそこまで難しい治療でないため、施術と生活指導だけで改善が見込めます。ただ、肩こりを放置したときに体に悪影響がありますのでできるだけ当院へ早めにお越しください。