便秘

 

辛い便秘で悩んでいるあなた、薬に頼らないで出来るだけ自然に改善したいと思いませんか? 便秘の症状は、便秘だけでなく他の症状も必ず出ています。例えば、肩こり、不妊、食欲不 振など。それらの症状は、ストレスが原因でなることが多く、ほとんどが自律神経のバランスの乱れで起きています。

 

当院では便秘症状の改善はもちろん、体全体のバランスを整えることで自律神経の乱れも整えていきます。

 

このような方へ

・以前と比べ、排便回数が減っている。
・排便する時に、固くて不快感がある。
・排便はあるが、スッキリしない。
・便秘と下痢を繰り返している。

 

このような方は、自律神経が乱れているので、不安事があったり、不眠だったり、食欲がないなどの症状も伴っていることが多いです。

 

8回の施術で便秘改善

38歳女性のデスクワークをされている方で主訴は、便秘ではなくもともと慢性的な肩こりで来院し治療をはじめられました。肩こりの症状だけでなく、頭痛や不眠などがあり自律神経の乱れも伴っていました。

その方の姿勢を診ると、仕事柄座っている事が多く背中が丸く肩甲骨が内側に入りこみ、顎が前出ていて骨盤、お尻が下がっている状態でした。

初回の治療では、まずお腹内臓の調整や股関節の筋肉を緩めていきました。背中が丸くなりがちな方は体の前面についてある筋肉やその中ある筋膜などが緊張し引っ張られているのでお腹、前面の治療を3回ぐらい行ないました。

その後は、関節の調整をして体全体的なバランスをとっていきました。8回ぐらいの治療で肩こりの症状は改善された。

治療を進めていくうちに、会話の中で便秘も症状も改善されたと言う事を聞いて大変喜んでいました。
自律神経の乱れからくる症状には、一つのものではなく何か必ず他の症状も一緒に伴ってきているので、ストレスからくる自律神経の乱れを改善した症状でした。

 

便秘とは?

便秘

 

排便回数の減少や便通異常のある状態を指します。しかし何日出なかったから便秘という明確な定義はありません。便秘は学会などで、それぞれ独自の基準があります。

排便は毎日しなくても大丈夫です。排便回数や排便量は個人差があるので、便秘の定義を明確にするのは、非常に難しいです。

 

日本内科学会では、3日間排便がない状態、又は、毎日排便があっても残便感がある状態ですが、重要なのは、何日間便が出てないではなく、残便感や苦痛を感じるかです。

 

便秘の原因?

便秘の原因を大きく分けると、器質性便秘と機能性便秘に分かれます。

 

器質性便秘は大腸の長さに異常があったり、手術の癒着や炎症、大腸がんやポリープなどによって腸の通りが悪くなることによって起こるもので、こちらは当院では扱っておりませんので、お医者さんにご相談ください。

 

機能性便秘は、弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘の3つがあり、その中の、痙攣性便秘は、自律神経やストレスにより便がスムーズに出ません。便秘と下痢を繰り返したり、うさぎのフンのようにコロコロした便が出たりするのが特徴で、このような方は自律神経に関係することが多いです。

 

判断しにくいと思いますので来院していただけましたら、具体的に対応出来ると思います。

 

便秘症状は体のサイン!

もう便秘だけの症状を改善していくのはやめにしませんか? 症状はあくまでも体のサインなので、便秘そのものではありません。必ず、他にも症状が出ているはずです。当院では便秘症状だけでなく、もともと人間が本来備わっている自然治癒力を引き出すことによって免疫力を高めていくことを目的として治療を行っています。

 

症状の改善はもちろん、体質改善もしていきます。病気に負けない体作りを一緒に作っていきましょう。