ゴルフ治療


 

ゴルフ治療とは、ゴルフの練習などを行っている際に起きる体の痛みや不調を改善したり、試合の時により能力を発揮できるようにするための治療方法です。当院では、プロゴルファーも通うほど治療に自信があります。

 

 

ゴルフの症状

不調が出る部位は様々で、肩や腰、肘や膝などの間接への痛み、肩や首のだるさや重さなどが挙げられます。こうした不調は、何が原因で起きるのでしょうか。

 

例えば肩の痛みの場合、スイングの際に肩甲骨から肩にかけての筋肉が急激に伸縮し、大きな負荷がかかることが原因です。腰の痛みは、片方にばかり腰を捻ることで負荷がかかる筋肉が偏ることの他、女性の場合は出産時に骨盤を開く関節である仙腸関節への負荷が原因であることが多くなっています。


肘の痛みは肘だけが原因でなく、上腕までの筋肉全体が緊張し、疲労がたまっていることが原因です。これらの痛みは、ゴルフをしておらず安静にしている時には痛まないので、見落とされがちです。

 

 

蓄積する負荷が大変

ゴルフは、若い方よりも30代~60代の方が多いため、できるだけ次の日、翌週に痛みや疲労を残さないために当院のゴルフ治療をおすすめしており、蓄積した負荷は、想像より大きく早めに当院で診療を受けるなどすることをおすすめします。ゴルフ治療専門がないので当院では、プロ・アマゴルファーのために専門治療を行っております。

 

 

スポーツメンテナンスアドバイス

痛みの出る部位によらずストレッチを行うことで、痛みを改善していくことが可能です。入浴後などの体が温まった状態で、肩甲骨や背筋、骨盤まわりのストレッチ、試合前などストレッチを行う際には、筋肉を温めるような動きのあるストレッチを最初に行うなど、スポーツアドバイスも行っております。