頭痛治療

 

頭痛に限らず痛みの出ている症状は、体が頑張り過ぎて悲鳴を上げている状態です。ここでしっかり治療せず、放っておくと他の症状も併発し、体の状態は今よりも悪くなっていく可能性があります。

当院では痛みをとることはもちろん、それよりも健康で、痛みの出にくい体を保っていく治療を目指しています。

 

このような方へ

・週末になると頭痛の症状が出て寝込んでしまう。
・仕事で長時間同じ姿勢をしている。
・デスクワークでパソコン作業が多い。
・季節によって、天気の気圧や梅雨時期の湿気が多い時に痛む。

 

頭痛とは?

頭痛

 

一次性頭痛というのは3種類あります。

 

一つ目は偏頭痛
片側、あるいは両方のこめかみ、目の辺りにかけて、脈を打つようにズキンズキン痛む特徴があります。痛みが出たら、4~72時間続きます。

痛む所は、頭の片側に起こることが多いのですが、頭の両方の時もあります。痛みの出る頻度は、月に1~2回程度ですが、多い時は週に1~2回。頭痛に伴う痛み以外の随伴症状は、吐き気だったり、胃がムカムカする、また普段は気にならないような音がうるさく感じます。

 

二つ目は、緊張型頭痛
頭の周りを何かで締め付けられたような鈍い痛みが30分くらい続きます。よくきついヘルメットをかぶったような感じなんて言ったりします。

肩や首の強いこり、めまい、ふらつき、全身のだるさを伴うことがあります。痛み方は頭全体を締め付けられるような感じで、痛む場所は頭全体や後頭部や首筋。頭以外の随伴症状は、フワフワしためまいや肩や首のこりを伴います。

 

三つ目は、群発性頭痛
群発性頭痛は、偏頭痛や緊張型頭痛に比べ患者数が少ないのですが、この名称は群発地震のようにある期間に集中して頭痛が起こるところから群発性と言われています。
症状は、しばしば目がえぐられているようなキリで刺されたような耐えられないほどの痛みと言われています。頻度は1~2ヶ月間に集中してほぼ毎日起こります。痛む場所は、必ず頭の片側が痛みます。

 

食欲もなくなるほどの頭痛

経理の事務をしている45歳の女性の方で、仕事柄、一日パソコンに向かい同じ姿勢をしていました。

もともと、慢性的な、首、肩こりの症状があり、辛くなってくると、頭の痛みがでてきていました。特に、後頭部から首、肩の痛みが強くでて、目の奥の方まで辛くなってくる状態でした。酷い時には、寝付きが悪く、食欲もなくなってくる感じでした。

 

症状がでると、首、肩の張りが強くなるので、近くのクイックマッサージで肩をもんでもらい、その時は多少楽になるが、またすぐに戻ってしまい、我慢できない場合は、痛み止めを飲んでいました。

 

その場しのぎを続けても・・・

飲み薬

 

この方に限らず、首や肩のマッサージに行かれたり、薬を飲み、その場しのぎの対処をします。
よっぽど辛い時は、MRIなどで調べるのですが、結局、薬で対処ですね。

 

3~4回で痛みが弱く、7~8回で薬を飲まなくなりました!

この方の姿勢を診てみますと、顎が前に出て、背中も丸く前傾で臀部(おしり)が下がっている状態でした。顎が前に出ていることで、首から頭へ行く血行や神経の圧迫の原因になります。

 

この方の治療は、まず正しい姿勢に戻すことでした。

頭痛の症状がでる方は、首や肩の張りが強い方が多いので、首、肩の筋肉の緊張をゆるめるために、首の前の筋肉から、胸、お腹の筋肉を中心にゆるめていきました。

 

初回の治療で、体がスッキリし、目の視野が広がり、明るくなりました。3~4回で頭痛の症状は若干ありましたが痛みの強さが弱くなり、7~8回で頭痛の症状は以前と比べてでる頻度が少なくなり痛み止めも飲まなくなりました。

 

自分で姿勢を意識しストレッチなどして、肩甲骨周りをゆるめることで、痛みも少しずつ改善していきました。

 

「頭痛の症状だけでなく、寝付きも良く、食事もおいしく頂けるようになった。姿勢に気を付ける事で、自分の体は、自分で改善出来ることを実感した。」と仰っていました。

 

当院は、痛みに直接触れることはありません!

基本的にどんな痛みの時もそうなんですが、直接痛い場所をもんだりすることはありません。

その方の姿勢、バランスを見て、姿勢をチェックすることで、首、肩のこりであったり、頭痛持ちの方は、姿勢が前かがみになっているので、お腹の方の筋肉も緊張されているので 、お腹の緊張をゆるめたり、頭蓋骨の調整などで頭痛の改善はしてきています。

 

痛みの本当の原因を捜しましょう!

辛い頭痛で悩んでいる方、頭痛は治らないと諦めていませんか?

頭痛の症状は痛みがある部分が原因ではなく、必ずどこかに痛みの原因となるものがあるので、当院では根本的な原因を捜して治療することで、確実に症状は改善されていくので、諦める前にぜひ一度、 当院で試してみてください。