腰痛治療

 

腰痛と一言でいっても、様々な症状があります。腰だけが痛くて急に歩けなくなったり、慢性的に腰の痛みが出たり、同じ姿勢でいることが辛かったり、腰以外の部位が連動して痛んだりと、人によってまちまちです。

 

こうした腰痛の症状が起きる原因として、大きく分けて二つの要素が考えられます。ひとつは、日常的な習慣や姿勢によるものです。運動不足、ストレスや冷え症などは、慢性的な腰痛の原因になります。姿勢に関しては、長時間同じ姿勢でいることや、反り腰など腰への負担の大きい姿勢を取ってしまうことが挙げられます。

 

 

ヘルニア

もうひとつは、病気が引き起こすものです。椎間板の一部が飛び出て神経を圧迫する椎間板ヘルニアや、腰椎に転移した癌、骨への細菌感染などがあります。ヘルニアは、治らないとも言われておりますが当院では、治療可能です。あきらめずご相談ください。

 

このように、様々な原因で引き起こされる腰痛。改善方法も、原因によって変わってきます。姿勢が悪いのであれば姿勢を正すことが先決ですし、症状でしたら治療が必要ですよね。病院で診断してもらっても異常がない腰痛の場合、どのように改善していくことができるのでしょうか。

 

 

当院の施術指導

ぎっくり腰などの急性の腰痛の場合は、腰を湿布で冷やして患部を動かさないことが大切です。マッサージなどで揉んでしまうと、逆効果になってしまいます。一方、慢性的な腰痛に効果があるのは温めることとストレッチです。ゆっくり湯船につかって腰回りを動かし、血行を促進することで腰痛を改善させることができます。