めまいの治療

 

めまいは、自分や周囲がグルグルと回っているように感じる、体がふらついて真っ直ぐに歩けない、立ちくらみが起きるなどを伴う症状です。その他、難聴や耳鳴り、吐き気、頭痛や手足の痺れなどの症状を伴うことがあります。

その中でもめまいで来院される患者さんの多くは、首・肩のコリ、お腹の調子の悪い特徴がよくみられます。

 

めまいというのは、血流が悪くなると特に出やすくなるので首肩の緊張で硬くなり、血流が通りづらくなるような肩の方が多いです。また、お腹の面では、下したり、お通じの調子、腸の調子が悪かったり、寝れないとか、食欲がない方の特徴もあります。

 

めまいが起きる原因

 

めまいが起きる原因として、耳に異常がある場合と脳に異常がある場合を中心に、様々な要因が考えられます。
めまいの原因の6割は、耳が原因となっています。耳は体のバランスを保つ働きがあるため、ここに異常が生じた場合は回転しているように感じます。

耳の症状でめまいを引き起こすものとして代表的なものに、メニエール病、前庭神経炎などが挙げられます。また、体の平衡感覚を保つ働きのある小脳や脳幹に異常があった場合は、ふらつくようなめまいの症状が起きます。

これ以外にも、ストレスや貧血、血圧の急激な変動などでもめまいの症状が現れることがあります。頭痛や意識障害があったり、手足の痺れを感じたりした場合と、脳梗塞や脳出血が原因のめまいである可能性があります。

 

めまいで施術を受けられた患者様

その方は、階段を上っていた時に突然くらくらして、自宅で座っていてもふわふわ感があるような感じで、立ったり座ったりも辛い状況でした。

自覚症状は、めまいのふわふわ感を強く訴えていたのですが、よくよく聞いてみると肩こりが昔から慢性的にあったと言っていました。

慢性的な症状をお持ちで、仕事が忙しくなってくると、目の疲れを感じやすいようでした。首肩の症状は、もともとあったという感じでしたね。

施術を受ける前は、病院に行き、CT、レントゲン、脳のMRIを撮っていたそうですが、「異常はない」と言われ、何もしない状態だったそうです。
症状は、特に改善されることはなく、ずっとめまいを感じ、自然に治るのを待っていたと言っていました。

しかし、めまいは、自然にほっておいて治るものではありませんでした。

 

めまいの治療

症状は、めまいでしたが、よく見ると首の前の筋肉胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)という首から鎖骨と胸骨に繋がっている筋肉の緊張が強いことがわかりました。

まずその姿勢ですね、姿勢が猫背で凄く悪かったので、首回りの緊張を取り、姿勢を改善することから始めました。

姿勢改善のために施術が始まり、姿勢が綺麗になってきてから首の緊張を深いところまで取って、肩こりを改善することでめまいの改善につなげました。
凝ってる筋肉を緩ませることによって、耳から首周りの血流を変えていくことを目的にしました。

多くの場合、原因としてめまいがある場合、耳周りが硬くなり血流が悪くなっています。
慢性的な肩こりは、めまいを起こしやすさに繋がってきます。

そのため、めまいで来院されたとしてもまずは、姿勢を一度だけ施術して、肩こりを改善してからめまいの治療に入りました。

イメージで言うと、川の流れで小川の石をどけると川の流れがよくなりますが、そのもっと上流で石が川の流れをせき止めていたら、小川の石をどれだけどけても、せき止められている水は、流れが解消されないですね。

そのため、肩周りのもっと上流にある血流を良くするために肩こりの治療をして、改善すると血流の流れが良くなります。
それから耳周りの施術をして、めまいに直結する頭の血流を良くし、めまいの改善に至りました。

まず、姿勢だったり、肩の不調だったりとか、流れが悪くなっている血流を改善することから始めなければなりません。
全身の治療を加えながら、姿勢の改善をメインにやっていきました。

姿勢を改善する理由は、めまいが改善された後も身体中の血流が頭に流れやすくするためです。姿勢が悪いとどんどん血流が悪くなり、集中力が切れたり、疲れやすかったり、行動を起こせないなど、生活に支障をきたします。

 

めまいで来院しても肩こりから改善します。

そのため、当院では、めまいで来院されても肩こりを改善するために、姿勢と肩こりの治療をして、めまいを改善していく流れとなります。

体の姿勢と肩こりという大きいところから見て、肩の緊張をとって、改善した後、最終的に耳周りを改善します。

耳の周りの骨に筋肉がついているのですが、そこの緊張が取れます。
あと、胸が広がることによって肺が広がって、沢山の酸素が吸えることで血行が良くなっていきます。
そうやって、めまいの患者さんを改善していきました。

人によって、改善するポイントは違います。
それでもめまいをプロとして改善していきます。

 

改善期間

4回の施術でめまいが改善されてきて、今までの生活と少し変わっていきます。その方はめまいが改善されたのは7回目が終わってからでした。

2016年3月に来院されました。最初の週は3回来院していただきました。あまり間隔を空けない方が改善率が高くなるためです。
その後は、週に1回のペースで来院していただき、最後の方は、一か月に1回の来院で十分でした。

期間にすると、3ヶ月でした。

できるできないの範囲はありますが、病院で異常がないと言われたものに関しても改善することができます。

良性の自律神経的なめまいであれば改善できます。
腫瘍とか何か脳にあるものに関してのめまいは、改善が困難な場合があります。そのときは、症状によって問診でお伝えます。

 

頭蓋骨調整

 

当院では、頭蓋骨を調整する治療をしています。頭蓋骨を調整する意味としては、首から、鎖骨、肩甲骨に繋がっている首の筋肉が頭の中の側頭骨の乳様突起(にゅうようとっき)というところについています。

頭の中の頭蓋骨の側頭骨も一緒に緩ませることによって、結果、首周りの筋肉の緊張も取れていきます。

頭には、脳、脊髄、髄液がたまっていて、それが血流が悪くなってくると、脳が周りが少しパンパンのような状態になり流れが滞ってしまいます。

そこを調整することによって脳から脊髄の血流もよくなって、体の血流も良くなり、頭の緊張と首の緊張が取れていきます。

 

内臓調整

 

内臓も骨格と一緒で、年齢と共に歪みが出てくるんですね。
内臓一つ一つの臓器の動きが悪くなることによって、歪みが出て、歪んだことで筋肉が引っ張られてしまいます。

胸の中の横隔膜というドーム状の筋肉がありますが、そこが引っ張られることによって、首から前にかかっている鎖骨も引っ張られ、首が引っ張られて、結果、筋肉が前側に引っ張られてしまいます。

体の姿勢と関係するんです。

筋肉だけでなく、内臓も正しい所にもっていく、機能的に正しく働けるようにすることによって首の緊張も取れていきます。

 

 

めまいが起きた時に薬を使うと。

めまいは、どのようにして改善していけば良いのでしょうか。まず、めまいの原因を知るために当院で診療を受け、その原因知りましょう。めまいの場合、治療のために主に薬を使うお話もありますが当院では、施術により薬や抗不安薬を使っていた患者様の改善もございます。吐き気止めなどの症状を和らげるための薬を使われていらっしゃる患者様もお気軽に来院ください。

当院でのめまいの患者様の特徴として、貧血や低血圧、冷え性や肩こり、ダイエットなどが原因で起きるめまいの場合は、脳の血流不足が原因だと考えられます。こまめに水分を取るように心がけ、バランスの良い食事に加えて鉄分を意識的に取るようにしましょう。血行の悪さを改善するために、毎日ストレッチを行うことなど、施術後の指導もしっかり行っております。

 

料金

30分 5,000円(税抜)
問診料 1,500円(税抜)