食欲不振(減退)

 

 

食欲不振で悩んでいるあなた、日常生活でのストレスから食欲不振は自律神経の乱れが原因だと思われます。体が出しているサインを見逃さずに自分の体を見つめてください。ぜひ当院で一緒に快適な体を作っていきましょう。

 

 このような方へ

自律神経が乱れると次のような食欲不振の症状を訴える人が多いです。

・食事の時間になっても何も食べたくない。
・食べると気持ちが悪くなる。
・食べた後、胃の調子が悪くなる。
・胃がムカムカする。

 

食欲不振とは?

食欲不振は様々なことが要因で起こる症状ですが、その主な原因はストレスと不規則な生活による胃腸の機能低下が上げられます。食欲を取り戻すには規則正しい生活を心がけストレスを解消し胃に負担をかけないこと、自律神経の働きを整えることが重要です。

 

自律神経が乱れることによって食欲がなくなることがあります。それは交感神経が優位な時、食欲は抑えられ、副交感神経が優位な時に食欲がわくからです。食道や胃・腸などの消化器官は副交感神経が支配しているため、交感神経が優位になるとこれらの機関の働きも低下していきます。そのため食欲がわかなかったり、食べた後に胃の調子が悪くなったり、胃がムカムカするという症状が現れるのです。

 

お腹が空いてイライラしていたけれど、食べ物を食べて落着いたという経験がある人もいると思います。また食事の後は眠くなることもありますよね。それは食べ物を食べると消化器官を機能させるために副交感神経が働き、それによって副交感神経が優位になり、リラックスできたり、眠くなるのです。

 

食欲不振(減退)に対する対処法

食事療法、ストレスをためない生活習慣、お風呂にゆっくり入る、軽い運動、消化器科や内科、時には心療内科や精神内科に受診するなどがあります。

 

食事療法、ストレスをためない生活習慣、お風呂にゆっくり入る、軽い運動は、良いことはわかっていても中々出来ないものです。病院は、薬などでその場しのぎの対処になって、根本的な改善につながりにくかったりします。

 

食欲不振(減退)も当院で改善していきましょう!

食欲不振は、身体的原因や精神的な原因が色々と絡み合って起こる場合が多く、原因を明確にすることは難しいかもしれません。

 

食欲不振という体のサインを読み取るとともに、体の中で今どのようなことが起きているのかを追究し患者様と一緒に改善出来たらと思っています。健やかな心を保ち美味しい物を食べ、健やかな体を作ることは基本的なことでありますが、生きていくうえでもとても重要なことです。規則正しい習慣を心がけ健康的な心と体を作り上げていけるように意識した生活を送りましょう。